2016 SCOA's Camp Counselors

 

★2016年度キャンプカウンセラー

photo

Alec Kassin
アレック・カッシン

カリフォルニア大学バークレー校(Cal) 4年
専攻:アメリカ研究、副専攻:公共政策
スポーツ:マウンテンバイク、野球
出身地:カリフォルニア州サンアンセルモ

マウンテンバイク、ロードバイク両方の競技に参加し続け9年になる。UCバークレーではCal Cycling Teamに所属。
高校時代は野球部に所属し、フランス留学中は現地のソフトボールチームでも活躍した。その他得意なスポーツはフリスビー、ハイキング、趣味は旅行とダンス。

Action shot をチェック!
Image

photo

Shannon Cavanaugh
シャノン・キャバノー

UCLA 1年
専攻:環境科学
スポーツ:ボート部
出身地:ワシントン州マーサーアイランド

高校時代はボート部とサッカー部に所属。サッカーのポジションはフォワードとMF。シアトルではユースサッカーリーグでレフリーもしていた。
毎年夏には30時間のボランティア活動をしてきており、フードバンクや行政が運営するユースプログラムなどで活躍した。また地元の合唱団にも7年間所属していた。

Action shot をチェック!
image

photo

Savannah Burr
サバンナ・バー

ワシントン大学4年
専攻:神経生物学
スポーツ:陸上(三段跳び)
出身地:ワシントン州オーティング

神経生物学という難しい専攻ながらGPA3.75を維持してこの6月に理学士号取得予定。
高校時代は陸上に加えバレーボール部、バスケットボール部に所属。州大会では三段跳びと幅跳びで優勝し、チームを優勝に導く。その他、生徒会役員、吹奏楽部のサクソフォン奏者も務め、総代で卒業。All-American Mountain Pacific Sports Federation Scholar Athleteという成績優秀なスポーツ選手に与えられる賞を受賞。
地元の老人ホームで物理療法士のアシスタントとしてボランティアをしており、大学卒業後は大学院に進学し物理療法士になる予定。

Action shot をチェック!
Image

photo

Matt Dunn
マット・ダン

アリゾナ大学4年
専攻:会計学
スポーツ:テニス
出身地:アリゾナ州ツーソン

アリゾナ大学の男子テニス部でシングル、ダブルスの両方で活躍。2015年にはAll PAC 12 Academic Honorable Mentionという成績優秀な選手に送られる特別賞を受賞。現在アリゾナ大学では、学生学術諮問委員会、アスレチックリーダーのメンバーでもある。
彼が所属した高校のテニス部は2年連続アリゾナ州のチャンピオンであった。
この秋よりEller College of Management at Arizona という大学院に進学し会計学を専攻することが既に決まっている。

Action shot をチェック!
Image

photo

Erin Shouse
エリン・シャウス

ライト大学卒業
専攻:スポーツ科学
スポーツ:チアダンス
出身地:オハイオ州ビーバータウン

エリンはNDA (National Dance Alliance)の公認インストラクターである。大学ではダンスチームのキャプテンを務め2年連続でAll-Americanの特別賞を受賞している。
高校時代はチアリーディングとダンスに加えてバレーボール部にも所属。
アメリカ国外に出るのは今回が初めて。日本にくることを大変楽しみにしている。

Action shot をチェック!
Image

photo

Naivasha Smith
ナイバシャ・スミス

ワシントン大学卒業、陸上部現役
専攻:心理学
スポーツ:陸上(100mハードル)
出身地:ワシントン州シアトル

既にすべての単位を取得し卒業資格を得ているが、現役の陸上部選手としてまだ大会に出場している。ジュニアオリンピックやPAC12の決勝大会出場経験を持つ。
高校時代には陸上部に加えて体操部、チアのチームにも所属。
現在はシアトル市内のプリスクールで体操の指導をしている。
旅行、アート、あらゆるスポーツ、そして友達とアウトドアアクティビティをするのが趣味。

Action shot をチェック!
Image

photo

Jarret Finau
ジャレット・フィーナウ

ワシントン大学卒業
専攻:哲学
スポーツ:フットボール(ディフェンシブエンド、ラインバッカー)
出身地:ワシントン州ケント

現役時代はシーズン後のいわゆる○○ボウルというフットボールの試合に5回出場。小学校や中学校のフットボールチームで指導経験もある。幼少時代はボーイスカウトに所属。
ロースクールへの進学を目指している。趣味は映画と最近始めたブラジル柔術。

Action shot をチェック!
Image

photo

Dani Judal
ダニ・ジュダル

カリフォルニア大学デービス校4年
専攻:コミュニケーション
スポーツ:体操
出身地:カリフォルニア州アンテロープ

UCデービスの体操部では、跳馬、平行棒、平均台、床運動の すべての選手だった。2013年と2015年はMPSF 大会出場メンバーとして活躍。子供への体操指導経験は長い。趣味は友達と一緒にハイキングや旅行に行くこと、新しい食べ物にトライす
ること、そして写真を撮ることである。

Action shot をチェック!
Image

photo

Pattriana Perry
パトリアナ・ペリー

UCLA 2年
専攻:心理学
スポーツ:陸上(100m)
出身地:カリフォルニア州バカビル

UCLAの陸上部では短距離走者、またハードルの選手として活躍している。高校時代は陸上部のキャプテンを務め、MVPに選ばれている。シャトルハードルリレーでは全米最高記録を打ち出した。
UCLAではスポーツ選手のメンターとしてボランティアもしている。高校時代は小さい子供にハードルの指導をし、大学に入ってからもUCLAの陸上キャンプでカウンセラーをしている。

Action shot をチェック!
Image

photo

Finn Schroeder
フィン・シュローダー

ワシントン大学4年
専攻:経済学、副専攻:国際研究
スポーツ:ボート部
出身地:ドイツ、リューベック

ワシントン大学のvarsity team (学校代表チーム)の現役選手。
ワシントン大学のボート部は全米トップであり、今年も6年連続全米一位を狙っている。
高校時代からボート部に所属し、U19とU23の世界大会でメダル受賞。
ドイツ時代にはユースボートチームのコーチのボランティアをしていた。趣味はハイキング、スキー、ウィンドサーフィン。将来は外交関係の職に就きたいと考えている。

Action shot をチェック!
Image

photo

Leon Powell
レオン・パウエル

UCLA 2年
専攻:心理学
スポーツ:陸上(100m)
出身地:テキサス州ケネンデール

UCLAの陸上部短距離選手のレオンは、昨年Team USAのメンバーとして韓国遠征を果たし準決勝まで進出。高校時代は陸上部のキャプテンを務め、テキサス州大会では5回優勝している。
100mのパーソナルベストは10秒32
200mのパーソナルベストは21秒01
高校時代はフットボールとバスケットボールの選手でもあった。夏休みはUCLA陸上サマーキャンプでカウンセラーをしたりライフガードをしている。学生メンタープログラムのメンバー。

Action shot をチェック!
Image

photo

Pearl Keane
パール・キーン

南カリフォルニア大学(USC) 1年
専攻:国際ビジネス
スポーツ:ビーチバレーボール
出身地:フロリダ州マイアミ

パールが所属するUSCのビーチバレーボールチームは現在全米第1位。高校時代はビーチバレーボール部のキャプテンとして活躍し、地区大会で3回優勝している。
高校時代は中学校のビーチバレーボールのコーチを4年間勤め、成績優秀でリーダーシップがありボランティア活動などをしている高校生のみが選ばれるNational Honor Society(全米優等生協会)のメンバーであった。
ポルトガルが堪能。その語学?を活かして、リオデジャネイロで貧困地区の子供達のためのボランティア活動をした経験もある。


photo

Danica Person
ダニカ・パーソン

ワシントン大学2年
専攻:国際研究と法律・社会・公正の2科目専攻
スポーツ:陸上(短距離)
出身地:ワシントン州バンクーバー

シアトルのBoys & Girlsクラブで3年連続カウンセラーを務める。
また地元のEvergreen Storm Track Clubという子供の陸上チームのコーチも経験している。
大学卒業は国連かアムネスティインターナショナルといった国際機関に勤め、平和、平等、相互理解を推進する活動に従事したいと考えている。

Action shot をチェック!
Image

photo

Danielle Thoene
ダニエル・ソーン

UCLA 4年
専攻:保全生物学とスペイン語の2科目専攻
スポーツ:アルティメット・フリスビー
出身地:カリフォルニア州ラ・キンタ

環境科学で理学士を取得予定のダニエルは、全米第2位のフリスビーのUCLAのクラブチーム、Midasのメンバーである。
高校時代は陸上部とクロスカントリー部に所属。
インナーシティと呼ばれるLAの社会的・経済的に問題がある地区に住む子供向けのUCLA Unicampのカウンセラーをしたり、地元の小学校で環境科学を教えたりしている。
卒業後はPeace Corps(発展途上国支援の為の長期ボランティアプログラム)に参加し、スペイン語と大学で学んだリサーチスキルが活かせる中南米でボランティアをしたいと考えている。

Action shot をチェック!
Image

photo

Tori Edwards
トーリー・エドワーズ

カリフォルニア大学デービス校4年
専攻:コミュニケーションと歴史の2科目専攻、副専攻:スペイン語
スポーツ:陸上(七種競技)
出身地:カリフォルニア州サン・ラモン

昨年、一昨年とSCOAのカウンセラーだったToriは今年も最初の3セッション参加。ヘッドカウンセラーの一人としてプログラム運営にもかかわる。
高校時代はバスケットボール部と陸上部に所属し、両方のスポーツでMVPに選ばれ、Athlete of the Year に選ばれた。
Team Davisという身障者対象のキャンプのアシスタントコーチをしたり、ドミニカ共和国の孤児院でボランティアをした経験もある。
卒業後はUCバークレーの大学院に進学し教育学を専攻することが決まっている。将来の夢は小学校の校長先生。

----------
*2014年、2015年のSCOAカウンセラーだったTori Edwardsが、Session 1, 2, 3のみ Head Counselorの一人として今年もSCOAに参加します。




Official Supporters of SCOA

Organizations We Support