Summer Camp Program


★Team Building /チームビルディング

キャンプ参加者は先ず、複数のチームに分かれます。
各チームにキャプテンとしてアメリカ人カウンセラーがつき、チームで様々なアクティビティを行います。

 

チーム・ビルディング・エクササイズ

  • チーム・チャンツ(チームの短い応援歌)を作る
  • チーム・バナー(旗)の作成
  • 各種ゲームでのチームごとの競争
  • 英語スキット

PhotoPhoto


チームで考える、チームで演じる英語スキット
PhotoPhotoPhoto

★Sports /スポーツ

2008年からフットボールとチアダンスの練習以外にも、様々なスポーツを楽しめるようになりました。
指導は全て英語で行いますが、子供たちはすぐにコーチに慣れ、ウォームアップ体操の名前を繰り返し英語で言ったり、コーチと一緒に英語でカウントしたりします。例えば、“Twenty jumping jacks!(ジャンピング・ジャック(ジャンプして足を開き手を頭の上で合わせ、次にジャンプして足を閉じ手を体の脇に戻す体操)を20回!” とコーチが号令をかけると、子供たちはその号令を繰り返し、ジャンピングジャックをしながら英語で20まで数える、といった具合です。

  • フットボール
  • チアダンス
  • サッカー
  • キックボール
  • 競技フリスビー
  • ドッジボール


PhotoPhotoPhoto

★Free Time/自由に過ごす時間

「フリータイム」ではアクティビティルームにある様々なゲームを使ってカウンセラー達と遊びます。スポーツスタッキングやアクセサリー作り、BINGOやUNO、英語のクイズゲーム”Who am I ?”などなど。ゲームを通じて子ども達は自然と英語でのコミュニケーションにも慣れていきます。

PhotoPhotoPhoto

★Activity /アクティビティー

アメリカのサマーキャンプで典型的な様々なアクティビティ

  • ポテトサックレース
  • 水風船合戦
  • Capture the flag (旗とりゲーム)
  • 綱引き
  • パラシュート

Photo
PhotoPhoto


宝探し(英語で書いてあるヒントに従ってゴールを目指す)
Photo

★Picnic /ピクニック

伊豆セッションの最後の夕食はみんなでピクニック!
Jr.カウンセラー達が作ってくれるホットドッグは外で食べると一段と美味しく感じます。

PhotoPhotoPhoto

★Evening Activity & Campfire /夕食後の時間

夕食後は皆で歌ったり踊ったりしながら過ごします。
2泊目には、アメリカンスタイルのキャンプファイヤー!!キャンプカウンセラーのリードでキャンプファイヤーソングを歌ったり、踊ったり。。。最後は、アメリカのキャンプファイヤーでは欠かせないS'mores(キャンプファイヤーの火でマシュマロを焼き、チョコレートと一緒にグラハムクラッカーでサンドする)を作ります。


PhotoPhotoPhoto

★Ask the Americans! Ask the Japanese! /質問タイム

キャンプ中唯一通訳を使ってよい時間!

記者会見形式で、子供レポーターがアメリカ人カウンセラーに好きなことを質問します。スポーツについて、アメリカのスクールライフについて、興味のあることを自由に日本語で(もちろん英語でも)聞いてください。
でも、この唯一通訳を使ってよい時間を前に子供たちは「質問したいことを英語でどう言ったらいいか?」を聞きにきます。自分で話す英語が通じる喜びは、英語が話せるようになりたい、と思う大きなきっかけになります。

一方、キャンプカウンセラーたちも日本に住んで英語を教えている英会話学校の先生とは異なり、日本が初めての人ばかりですから日本について知りたいことが沢山あります。外国人に「日本について説明する」ということはとても大切な経験です。

このコーナーは、SCOAのキャンプが、ただアメリカ人が英語を教える「一方通行」のものではなく、「双方向」の異文化間コミュニケーションの場だと実感できるものです。

PhotoPhotoPhoto

Survivor /中学生~高校1年生までの特別プログラム

Survivorは中1から高1までを対象にしたプログラムで、小学生向けのキャンプと同時に開催しますが、プログラムの内容は全く異なります。
男女混合の2つから3つのチームが、アメリカのReality TV Show "Survivor"のアイディアをベースにした様々なチャレンジに挑戦し、チームポイントを競い合います。
各チームにはSurvivor担当のカウンセラーがつきます。

活動する場所は、キャンプ場だけでなく伊豆ではオフサイトのフィールドアスレチッ クへいったり、清里ではハイキングに行くなど、行動半径も活動の自由度も広がります。

休憩時間は小学生が入れないTiki Roomでカウンセラーとボードゲームをやったり、 Arts & Craftsをやったりして楽しみます。

小学生プログラムよりもさらにチームビルディングの要素も増え、ここで出来た仲間 はキャンプが終わったあともずっと連絡をとりあっているようです。

Survivorでは、基本的に日本語での介入はありません。まさにアメリカのサマーキャ ンプそのものです。

PhotoPhotoPhotoPhotoPhoto

Scouts /小学1~2年生のみを対象にしたプログラム

Scoutsは小学1~2年のみを対象にしたプログラムで、通常のキャンプ場のキャビンではなく、清泉寮に宿泊し、お食事は清泉寮の新館ダイニングホールでいただきます。

プログラムの基本的な内容はこれまでと大きく変わりませんが、お食事を急いで食べたり、就寝時間が遅くなることのないよう低学年向けに少し余裕のあるスケジュールが組んであります。

またカウンセラーと一緒に歌ったり踊ったり、お話をする時間も多めに用意します。

PhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhoto



Official Supporters of SCOA

Organizations We Support